大会・イベント情報 
ゆめ・まちチャレンジ隊

阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊 2019

小学生を対象にした「阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊 2019」のイベントの1つとして、「ロボットプログラミングに挑戦しよう」を実施しました。

阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊 2019

8月12日(月) プログラボ野田阪神
8月14日(水) プログラボ洛西口

今年も「阪急阪神ゆめ・まちチャレンジ隊」の一プログラムとしてプログラボのロボットプログラミング体験を実施しました。
毎年のことではありますが、応募倍率が10倍を超える人気プログラムだったようで、プログラミング教育に注目が集まっていることを反映しているようです。

今年はプログラボ野田阪神で午前・午後の2回、洛西口でも2回の計4回、40人の小学生に参加していただきました。
設計図を見ながらロボットを作り、ミッションを達成するためのプログラミングを行います。
野田阪神では関西の電車のコース、洛西口では京都の観光名所を巡るコースを用意していたのですが、みんな一生懸命取り組んでくれました。

最後に今回の体験の感想と点数を書いてもらいましたが、「今日の楽しさ『10000点』」を超える高得点が続出!
「自分でプログラムを考えて動かせるのが面白かった。」「初めてで組み立てもプログラミングも難しかったけど、思い通りにロボットを走らせることができたときはとても嬉しかった」「すごく楽しかった、来年も参加したい!」という感想をいただきました。
保護者の皆さまからも、「子どもが自分から興味を持ち、最後まで夢中になって取り組んでいました。」「子どもの真剣な顔や嬉しそうな顔が見れて大満足です。」「初めての経験ということもあり、なかなか上手くいかない様子も見られましたが、先生方に親切に教えていただけ、良い経験になりました。」という感想をいただきました。

これからも多くの子ども達がプログラミングに触れるきっかけをつくっていきますので、またどこかでお会いしましょう!

プログラボスタッフ一同

阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊 2018

小学生を対象にした「阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊 2018」のイベントの1つとして、「ロボットプログラミングに挑戦しよう」を実施しました。

阪急阪神 ゆめ・まちチャレンジ隊 2018

8月13日(月) プログラボ野田阪神
8月15日(水) プログラボ六甲道
8月16日(木) プログラボ豊中
8月17日(金) プログラボ茨木

今回のイベントの当選倍率もかなり高かったとのことで、当選されなかった皆さまへ改めてお詫び致します。抽選に漏れてしまった小学生の皆さま、今回のイベントに招待できずに本当にごめんなさい。何度目かの応募でやっと当たりました!という声もいただきましたので、またあきらめずに応募してみてくださいね。各校で体験会も行っておりますので、そちらにもぜひおこしください。

今回のイベントの当選倍率からも見られるように、今やお子様を持つ多くの皆さまが「ロボットプログラミング」に対してこれほど高い関心を持たれている、ということを改めて認識し、我々スタッフ一同は一層身が引きまる思いです。

挑戦内容は各教室ともロボットを組み立て、プログラミングの練習をし、コースを使ったミッションをクリア、という流れでしたが、実は教室毎にそれぞれに違ったコースを使用していました。

例えば、プログラボ六甲道教室の場合、近くの名所を目指し、ロボットにその動き方をプログラミングします。上手にできた子はイノシシの絵を避けて通ろう!というような上級コースもあったそうです。野田阪神教室では「阪急阪神の駅めぐり」、豊中教室では「夏休みお出かけコース」のテーマで関西のあの町この町におでかけしました。

設計図を見ながら基本のロボットを作り、自分のロボットになるように歯車や、ブロックを飾り付けて、コースを見ながらどこに行きたいか目標をさだめ、いざプログラミング!思い通りに動かないときは先生たちにアドバイスをもらったり、一緒に挑戦しているお友達と相談したりしながら、最後は発表会。ここまで進めるようになりました!とみんな胸をはって発表していました。

最後に今回の体験を自己採点してもらいましたが、嬉しいことにみんなかなりの高得点を書いていました。 参加された子どもたちからは「組み立てるのも、プログラミングも難しかったけど楽しかった。」「少しずつ調整しながら思ったように動かせたときには達成感がありました。」「(ゆめ・まちチャレンジ隊を通して、初めて会った子と)ともだちみたいになれた」という感想を頂きました。
保護者の皆さまからも,「まったくはじめてだったのに楽しくできました。」「真剣な目と楽しそうな表情両方見られました」「子どもたちが集まって私語が多くなるかと思いましたが、それぞれに集中して取り組んでいました。」という感想を頂きました。

この1日が子どもたちにとってかけがえの無い、良い思い出の一つになってほしい、と心から願っています。

プログラボスタッフ一同

阪急阪神 ゆめ・まち2017 チャレンジ隊

小学生を対象にした「阪急阪神 ゆめ・まち2017 チャレンジ隊」のイベントの1つとして、
「ロボットプログラミングに挑戦しよう」を実施しました。
 8月12日(土) プログラボ夙川
 8月13日(日) プログラボ野田阪神・宝塚
 8月17日(木) プログラボ四条烏丸

今回のイベントの当選倍率もかなり高かったとのことで、当選されなかった皆さまへ改めてお詫び致します。抽選に漏れてしまった小学生の皆さま、今回のイベントに招待できずに本当にごめんなさい。

その当選倍率からも見られるように、今やお子様を持つ多くの皆さまが「ロボットプログラミング」に対してこれほど高い関心を持たれている、ということを改めて認識し、我々スタッフ一同は一層身が引きまる思いです。

当イベント内容は、ロボットを組み立て、プログラミングの練習をし、コースを使ったミッションをクリア、という流れでしたが、実は各教室毎にそれぞれに違ったコースをご用意しました。

例えば、プログラボ四条烏丸会場の場合、京都の古いお寺などがならんだコース上を走って、ロボットが京都の名所観光をする、というテーマでした。途中「大文字山」にあるLEDランプを点灯させ、コース内にある自分が行きたい京都の観光名所を目指し、ロボットにその動き方をプログラミングします。 その他、夙川教室では「夙川名所くだり」、宝塚では「ロボット歌劇団に入ろう」野田阪神教室では「阪急阪神の駅めぐり」といった、それぞれの場所にちなんだコース内容でした。

そんな趣向のコースで、みんな楽しくロボット制作、プログラミングを進めていき、、ラスト1回の本番。それぞれ思い思いの目的地へロボットを到着させることができました。

授業の最後には、今回の体験を自己採点してもらいましたが、嬉しいことにみんなかなりの高得点を書いていました。 参加されたほとんどの皆さまより「ひじょうに楽しくプログラミングが出来た」という感想を頂きました。
保護者の皆さまからも,「自ら考え最後までミッションをクリアしようと一生懸命に考えてくれている子どもの姿を見れたことが良かった」という感想を沢山いただきました。

この1日が子供たちにとってかけがえの無い、良い思い出の一つになれば、と心から願っています。

プログラボスタッフ一同